ブログ

高速道路 逆走 事故
2017年12月07日

交通事故が一番多い月は12月なんです!

タイトルにも書きましたが、 12月が交通事故が一年間で一番多い月なんです!     平成28年12月の交通事故発生件数、死傷者数、負傷者数   交通事故発生件数 4万9,329件 月平均4万1,600件(年間49万9,201件)   交通事故死傷者数 420人  月平均325人(年間3,904人)   交通事故負傷者数 6万1680人 月平均5万1,896人(年間61万8,853人)     12月は交通事故発生件数、死傷者数、負傷者数がいずれも月平均を上回っています。   12月の死傷者は一日平均13.5人。 年間の平均が10.7人ですから、いかに12月の事故が多いのか分かりますね。       12月の交通事故に多い時間帯が早朝と夕方と言われています。   データでは、早朝5時台と6時台、夕方5時台と6時台の交通事故死亡事故が多いようです。   通勤・通学の時間帯という移動する人が多いのと、 夕方の暗くなることで視界が悪くなる事がおそらくの原因と思われます。       また、年末年始で帰省したり、ご旅行に出かけたりと お車での移動の機会が増える時期でもあります。   長距離を運転する際は、こまめに休憩を取ることを心掛けましょう!     歩行者や自転車も思わぬところで交通事故に遭う場合があります。   夕方頃からはドライバーの視界が悪くなるので、 反射材や目立ちやすい色を着用するなどして事故を予防しましょう!       みちた整骨院では、   年末年始は12月30日~1月3日までお休みさせていただきます。   年始は1月4日から通常通り診療しております。   万が一、交通事故に遭われてしまった方はお気軽にお問い合わせください。      …

産後 親子
2017年12月04日

産後骨盤矯正|いつから受けられるの?

相模原の産後骨盤矯正なら、みちた整骨院   予約優先、キッズルームあります       産後の骨盤矯正を受けられる方の中で   「いつから産後骨盤矯正を受けられるのですか?」   という質問が多いです。   相模原のみちた整骨院での産後骨盤矯正は、 通常分娩の場合は、産後2ヶ月から受ける事が出来ます!   産後1ヶ月の間は出産の影響が残っている時期です。   体調と相談しながらになりますが、 身体の状態や体力が元に戻ってくる産後2ヶ月から受ける事をオススメします。       産後骨盤矯正 産後ママさん 産後整体   など産後〇〇 というのは、大体「産後1年」のことを言っている事が多いです。       相模原みちた整骨院での産後骨盤矯正は、 産後1年の方を対象としたものではなく、 「産後年数に関係なく、妊娠・出産を機に身体の痛みや不調を感じるようになった方」 を対象としております。     相模原みちた整骨院での産後骨盤矯正は、産後1年以内に受けられる方が多いですが、 産後2年や3年経った方も、産後骨盤矯正の施術を受けられて、 施術の効果を実感されています。     ・出産後、身体の歪みを感じるようになった方 ・出産後、体型が元に戻らない方 ・出産後、腰痛がひどくなった方 ・出産後、肩こりがひどくなった方 ・妊娠前のズボンが履けない方 ・出産後、脚の付け根が痛むようになった方   出産後年数が経っても骨盤矯正の効果はあります。   出産後にお身体の不調を感じている方は、 諦めずにまずは相模原のみちた整骨院までお気軽にご相談下さい。    …

相模原みちた整骨院 年末年始 休診日のお知らせ 相模原
2017年12月01日

年末年始の休診日のお知らせ

  相模原みちた整骨院の年末年始の休診日のお知らせです!       12月30日(土)~1月3日(水)まではお休みとなります。   その他の期間は通常通りの診療となります。   年始は1月4日(木)から診療いたします。     今年も残り1ヶ月を切りました!   皆様、やり残したことはございませんか? 師走の忙しさでお身体を酷使していませんか?     今年の疲れは今年のうちに!   ということで2018年にお身体の不調を引きずらないように ぜひ相模原のみちた整骨院の施術を受けに来てくださいね     日常生活におけるおケガ、交通事故によるむち打ち治療、 外反母趾での痛み、産後の骨盤矯正など、 お身体のことででお困り、お悩みの方は、 神奈川県相模原市の整骨院でNo.1を目指している! 相模原市中央区の「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい! 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00) ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております! 休診日 日曜日 相模原市中央区の「みちた整骨院」のホームページ       http://michita-seikotsuin.com/ 相模原市中央区の「みちた整骨院」の交通事故専門ホームページ http://www.michita-seikotsuin.net/ 相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト       http://www.ekiten.jp/shop_7138053/ 相模原市中央区の「みちた整骨院」のFacebook         http://bit.ly/1QLRoni

HIV-VOLT(ハイボルテージ) 相模原駅
2017年11月28日

HIV-VOLT(ハイボルテージ・ハイボルト)療法

  11月終わりを迎え、段々と冬の陽気になってきました 寒くなってきたことが原因で、ぎっくり腰になってしまい来院する患者様が増えています。  ぎっくり腰になると・動けない・何してても痛い・明日仕事なのに、、という方が多いかと思います。 そんな方々のために ・・ みちた整骨院ではぎっくり腰になられた患者様には HIV-VOLT 療法(ハイボルテージ)を行っております。 HIV-VOLT療法(ハイボルテージ)療法とは150Vを超える高電圧を用い、 深部へ刺激をして痛みの軽減や血流の促進、可動域の改善など症状を軽減いたします!!     また、みちた整骨院ではHIV-VOLT療法(ハイボルテージ)は 痛みだけではなく神経症状にも使っていきます。 神経症状では腰椎椎間板ヘルニアの患者様が多いです! 腰に痛みがあり、臀部から脚にかけて痺れている方が大半です。 日常生活に支障がある方は手術しますがほとんどは、 保存療法で治療していきます。   みちた整骨院でも腰椎椎間板ヘルニアの患者様が多く来院されていますが、 HIV-VOLT療法(ハイボルテージ)などを取り入れた保存療法で治療しています。  その結果、・腰の痛みが少しずつ良くなった・しびれの頻度が減ってきた・脚に力がはいるようになったなどのお声を頂くようになりました。   HIV-VOLT療法(ハイボルテージ)では腰と脚にかけて同時に電気をかける事ができ、 また高電圧のため刺激は強いですがより強い刺激で電気をかける事によって効果は絶大です!!   ぜひ、ぎっくり腰になられてしまった方、腰椎椎間板ヘルニアや神経症状が治らない方、 一度HIV-VOLT療法(ハイボルテージ)を受けにみちた整骨院ご来院下さい!!                 日常生活におけるおケガ、交通事故によるむち打ち治療、 外反母趾での痛み、産後の骨盤矯正など、 お身体のことででお困り、お悩みの方は、 神奈川県相模原市の整骨院でNo.1を目指している! 相模原市中央区の「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい! 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00) ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております! 休診日 日曜日 相模原市中央区の「みちた整骨院」のホームページ       http://michita-seikotsuin.com/ 相模原市中央区の「みちた整骨院」の交通事故専門ホームページ http://www.michita-seikotsuin.net/ 相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト       http://www.ekiten.jp/shop_7138053/…

重要書類
2017年11月15日

交通事故治療|損害賠償について

交通事故に遭われた場合の損害賠償についてです。   まず、交通事故の損害には積極損害・消極損害・慰謝料の3種類があります。   積極損害とは、交通事故に遭わなければ被害者が支払う必要のなかった費用の事。   消極損害とは、店舗の営業損害等、交通事故に遭わなければ被害者が得たであろうと考えられる利益の事。   慰謝料とは、交通事故による精神的な損害に対する賠償金の事。     人身事故の積極損害 ・治療費   交通事故によって受けたケガの治療費のうち、必要性があり相当とされるものは実費として全額を請求することが出来ます。 診察料、検査料、入院料、投薬料、手術料、処置料、柔道整復の施術料などです。 鍼灸・マッサージも認められる場合があります。       ・付添看護費   入院中の付添看護費は年齢や医師が必要と判断した場合に請求することが出来ます。被害者が小学生以下の場合は無条件で付添看護費が認められています。 ・通院交通費   入院・通院の交通費だけでなく、付添者や看護者の通院交通費も請求することが出来ます。 ・入院雑費   入院中の雑費は生活消耗品や新聞などの慰安品目に対する必要経費として支払われます。金額は日額で定額化されています。 ・義肢等の装具費用   医師が身体の機能を補完するために必要と認めた義肢、義眼、眼鏡(コンタクトレンズ含む)、補聴器、松葉杖などの費用を請求することが出来ます。 ・診断証明書の発行費用       ・弁護士費用     物損事故の積極損害   ・修理費用   修理工場の見積もりと請求書を元に実費が認められます。修理費用が中古市場における評価額を超えてしまう場合は、全損扱い(買い替え相当)となります。 ・評価損   交通事故によって中古市場価格における売却額や下取り額が下がった分の損害。 ・代車使用料   被害車両の修理期間中や買い替えまでの納車されるまで、被害者がレンタカーなどの代車を使用した場合、請求することが出来る。 ・車両以外の積極損害   建物の修理費、後片付け費用、物品の修理・交換費などです。    …