ブログ

$logo_alt
2016年06月10日

首の寝違え

朝起きたら、首が痛くて動かせない。 こんな経験ありませんか?   いわゆる「寝違え」です。   寝違えの原因 寝違えは医学用語ではないんです。 頸部周囲の筋肉や靭帯の急性炎症による痛みで、 正確には「急性疼痛性頸部拘縮(きゅうせいとうつうせいけいぶこうしゅく)」と言います。   原因として一番多いのは、不自然な姿勢で眠り続けた事です。 通常は首に痛みや違和感があると、無意識のうちに寝返りをうつなどして姿勢を変えたり、 目が覚めたりしますが、 睡眠不足・疲労・深酒などがあると、不自然な姿勢でも眠り続けてしまうのです。   また首の炎症症状だけが原因ではなく、 脇の下を通る腋窩神経(えきかしんけい)が圧迫されることも首の寝違えの原因とされています。     寝違えの対処法 寝違えは頸部周囲の炎症症状がある場合、温めずに冷やしてください。 炎症症状がある時に首をマッサージしたりストレッチすると、その時は良くても後で痛みが強くなってしまう事があります。   アイシングについてはこちらを参考にしてください。➡ http://michita-seikotsuin.com/blog/345/   腋窩神経の圧迫によっておきた寝違えの場合など、首の筋肉に炎症症状がない寝違えもあります。 炎症症状がない寝違えの時は、温めたりマッサージすることが効果的です。   首以外のツボを刺激する事も効果的です。   寝違えの特効穴「落枕」についてはこちら➡ http://michita-seikotsuin.com/blog/467/     寝違えと言っても症状は様々です。 寝違えてしまったときは、自分で判断せずに専門の医療機関に早めに受診してください。   みちた整骨院では、寝違えに対しての治療も専門的に診療しておりますので、 お気軽にご来院ください。       みちた整骨院 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00) 休診日 日曜日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1QLRoni

相模原 みちた整骨院
2016年06月08日

四十肩・五十肩とは

おはようございます。大場です   最近、肩が挙げられなくなった、という事はありませんか? 肩を上の方に挙げることが出来なかったり、後ろの方に手を回すことが出来なくなった場合、 四十肩・五十肩の可能性が高いですね。 四十肩・五十肩の症状 肩関節の痛みだけでなく、首から上腕部まで痛みがあります。   ・肩が痛くて挙がらない、または挙げにくい ・洋服を着たり脱いだりするときに肩が痛い ・夜中に肩が痛くて目が覚める ・髪の毛を結わけない ・背中や腰に手が回せない   などなど、私生活全般に支障が出てしまいます。   四十肩・五十肩は、四十代以降に起こりやすい症状ですが、三十代にも起こります。 四十肩・五十肩の原因   四十肩・五十肩は俗称で、正確には「肩関節周囲炎」と言います。 その名前の通り、肩関節の周囲に炎症が起こります。   原因は、まだはっきりと解明されていませんが、 肩の関節・筋肉・腱の変性、疲労、スポーツ外傷などのケガ、姿勢などにより、 関節や筋肉の柔軟性の低下が原因の一つと考えられます。   関節や筋肉の柔軟性の低下があると、 通常する動作でも関節や筋肉、腱を損傷し炎症が起こしてしまうのです。 四十肩・五十肩の治療 みちた整骨院では、 四十肩・五十肩の症状に対しては、干渉波・ハイボルテージなどの電気治療、手技療法や 関節の可動域(動かせる範囲)を広げるための可動域訓練などを主に施術しております。   また、自宅で出来る体操やストレッチも指導しております。   四十肩・五十肩でお困りの方は、我慢なさらずにお気軽にご相談ください。       四十肩・五十肩についてのみちた整骨院のブログ   ・四十肩・五十肩の違い   ・冷えから四十肩・五十肩になる?   ・四十肩・五十肩は放っておけば治るってホント?   ・四十肩・五十肩に効果的な体操(アイロン体操)     みちた整骨院 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療…

$logo_alt
2016年06月07日

感謝の1日、感謝の1年

おはようございます!大場です。   昨日6/6は、私の誕生日でしたー。   家族、友人、スタッフなどからのお祝いのメッセージ、 非常に嬉しかったです。 皆さんに支えられ、助けてもらってる事を実感する、 感謝の1日でした。 ありがとうございます。   39歳になったので、この一年は サンキューーー! という事で、感謝の1年にしていきます!         みちた整骨院 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30 (土曜、祝日は13:00迄) 休診日 日曜日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1QLRoni

$logo_alt
2016年06月06日

緊張型頭痛(肩こりから起こる頭痛)

こんにちは、大場です 昨日、関東甲信地方でも梅雨入りしましたね。 梅雨時は体の不調が色々と出やすいので、十分注意してくださいね。 前回に引き続き、頭痛の話です。 頭痛の中でも特に多いのが、緊張型頭痛です。   緊張型頭痛の症状 ・頭全体から頭の付け根、首すじにかけての重く、鈍いような痛み ・絞めつけられているような痛み ・温めると症状が楽になる ・肩こりやめまいが伴うこともあります。 緊張型頭痛の原因 緊張型頭痛は、首から肩の筋肉が張った状態、こった状態になる事で頭痛が起きると言われています。 パソコン操作での長時間の同じ姿勢、スマートフォン操作でのうつむく姿勢、車の運転や体の冷え、 運動不足でも筋肉が凝り固まってきます。   緊張型頭痛の対処法 筋肉の緊張からくる血行不良が痛みの原因ですので、筋肉の緊張を取ることで頭痛が楽になります。 例えば、お風呂に入って温まったり、軽い体操などで体を動かしてみるなどです。 緊張型頭痛は長期間続いたり、繰り返したりします。 頭痛でお悩みの方は、我慢なさらずにみちた整骨院までご来院ください。     みちた整骨院 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30 (土曜、祝日は13:00迄) 休診日 日曜日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1QLRoni

$logo_alt
2016年06月04日

片頭痛(偏頭痛)

こんにちは、みちた整骨院院長の大場です   前回、頭痛の分類についてをお話ししました。 前回のブログはこちら➡ http://michita-seikotsuin.com/blog/369/   今日は、頭痛の中でも多い症状の一つである片頭痛についてです。   片頭痛の症状 偏頭痛が起こる直前には肩こりが出ることもあり、こめかみから目のあたりにかけて、 ズキンズキンと心臓が脈打つのに合わせるかのように痛みます。   片頭痛の名前の通り、頭の片側に起こりますが、両側が痛むこともあります。 吐き気や嘔吐などの頭痛以外の症状が伴うこともあります。 光や音、においに敏感になったり、頭を動かすと痛みが増したりします。   片頭痛は、前兆がある人とない人がいます。 前兆がある人は目の前にチカチカしたり、歯車のような物が見えたりします。(閃輝暗点)   偏頭痛の原因 片頭痛は、何らかの理由で、脳の血管が拡張することで起きると言われています。 脳の血管が拡張することで、脳神経の一つである三叉神経(さんさしんけい)を刺激し、 その刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して片頭痛を引き起こします。   心身のストレスから解放されたときに急激に血管が拡張することがあります。 そのほかにも寝すぎや寝不足、食べ物なども「片頭痛」の誘因とされています。 食べ物はチーズやワイン、チョコレートなどです。   片頭痛の対処法 拡張した血管を収縮させることが症状を和らげる事につながります。 ご自身で出来る対処法としては、   ・冷やす ・コーヒーなどのカフェインを摂取する ・圧迫する(鉢巻きなどで絞める) ・暗くて静かな場所で休む(光や音に敏感になるため)   などがあります。 片頭痛でお悩みの方、我慢なさらずお気軽にご相談ください。     みちた整骨院 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30 (土曜、祝日は13:00迄) 休診日 日曜日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1QLRoni