ブログ

2018年04月10日

腰椎椎間板ヘルニア|相模原みちた整骨院

本日はみちた整骨院の腰椎椎間板ヘルニア治療について説明していきます。   日本では腰椎椎間板ヘルニアになる方が人口の1% 手術する方が10万人あたり年間46.3人とデータが出ております。   そもそも腰椎椎間板ヘルニアがどのような状態かご存知ですか?   背骨のクッションといわれる椎間板が日頃の蓄積が原因で外に飛び出てしまい その飛び出した椎間板が神経根や馬尾神経を圧迫してしまい神経症状を引き起こす状態です。     これらにより、 ・腰が痛い ・脚が上がらない ・お尻から指先まで痺れる ・長時間座れない ・長い時間歩けない ・夜寝むれない ・寝返りが出来ない   などと訴える方達が多いです。   上記の症状に当てはまる方は早期の治療をオススメします。     腰椎椎間板ヘルニアになりやすい人の特徴   腰椎椎間板ヘルニアは同一家系内に同じ家族がなることも多いです。   なぜならば生まれつき骨格は似てるからです。   また20代から50代は椎間板がつぶされ髄核も扁平化してしまい、男性に多く 重いものを持ったり、中腰での作業、長時間の運転などで椎間板に負担をかけ 腰椎椎間板ヘルニアになってしまいます。   腰椎椎間板ヘルニアの症状は放っておいても良くなることはありません。 あまりに酷いと手術することもあります。   手術をするくらい悪化する前に治療することが重要です。     みちた整骨院の腰椎椎間板ヘルニア治療は痛みを取り除くのと併せて、 再発しにくい身体作りもやっていきます。     治療法はハイボルテージ療法(HIV)と手技療法を組み合わせて、 お体の深部までアプローチする深部治療を取り入れてます。   普通のマッサージだと表面しかほぐれませんが、 相模原みちた整骨院の深部治療でお身体の深部から変化を体感できます。   一度この機会にみちた整骨院の腰椎椎間板ヘルニア深部治療を受けてみませんか     初回来院時は予約を取ることが出来ますので基本お待たせする事はありません。…