ブログ

yO8tdyRIznBgc3L1490580764_1490580849
2017年03月27日

相模原市マッサージ等助成券の今年度の有効期限が迫っています!

こんにちは。受付の和知です。     年度末の忙しさで体調を崩されてはいないでしょうか? 最近は寒い日が続いていますね。風邪にお気をつけください。     突然ですが、 相模原市マッサージ等施術助成券をお持ちではないでしょうか。   ↓このような助成券です!!     みちた整骨院はマッサージ助成券が使えます。   マッサージ20分  助成券1枚 鍼・灸(局所)   助成券1枚   施術一回につき一枚使用できます!     今年度の助成券の有効期限は3月31日までです!!     お持ちの方はぜひ期限内にお使いください       また、助成券のことでご不明な点がありましたら、 お気軽にご相談ください。       みちた整骨院 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00) 休診日 日曜日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1QLRoni

IMG_1580
2017年03月24日

足底腱膜炎のストレッチ(ふくらはぎ編)

この時期は、足の裏の痛み、特に足底腱膜炎での来院が増えています。   足底腱膜炎については以前ブログに書きましたので、 詳しくは こちら で確認してください。     なぜこの時期に足底腱膜炎の症状が出やすいのか?   なぜ季節の変わり目のこの時期に、足底腱膜炎の患者さんが増えるのか?   それは、季節の変わり目のこの時期は、気候が安定せずに、 身体、特に足元に冷えが入りこむためと考えられます。   足元が冷えると、足裏やふくらはぎの筋肉は固くなります。   そのため、 朝の一歩目が痛くて歩けないなど、足底腱膜炎の症状が出やすくなるのです。     足底腱膜炎ではどこをストレッチしたらいいの?   足底腱膜炎は、足底腱膜をストレッチしてあげられるのが一番いいのですが、 症状が重い人は、足底腱膜のストレッチすると痛みが増すこともあります。   そのため、みちた整骨院で足底腱膜炎の方には、ふくらはぎのストレッチをおススメしております。       ふくらはぎのストレッチ       いわゆるアキレス腱伸ばしがふくらはぎの筋肉のストレッチになります。   この時、後ろ足のふくらはぎが伸びていますが、踵は浮かさないように気を付けてください。   あと、膝も曲げないように気を付けてください。 膝を伸ばすことで、ふくらはぎの筋肉の表層の腓腹筋がストレッチされます。   万が一このストレッチでも足底腱膜に痛みが出てしまう場合はストレッチしないでください。 また、このストレッチでは物足りない・ほとんど伸びた感じがしないという方は、     段差を利用したふくらはぎのストレッチしてみてください。         階段につま先を乗せて、踵を下に落としていく事で、ふくらはぎがストレッチされます。 段差を利用する際は、危ないので手すりや壁などにつかまりながら行ってください。     朝起きて歩き出しの1歩目が痛いなどの症状の方は、ぜひふくらはぎのストレッチを試してください。    …

PovXLtBAaDvp4EV1490232995_1490233202
2017年03月23日

ギックリ腰|靴下を履こうとしただけなのに。。。

お彼岸があけて、東京では桜の開花宣言がされましたね。   「暑さ寒さも彼岸まで」と言われていますので、 これからは天候が安定して暖かい春がやって来るといいですね。   今は、いわゆる「季節の変わり目」という時期なのでしょうかね。 この時期は、ぎっくり腰の患者さんがすごく増えます。   実際、みちた整骨院も先週、先々週で何名もぎっくり腰で来院されました。     今回その中で、靴下を履こうとした時にぎっくり腰になったという方がいました。     腰痛ではない、ぎっくり腰の経験がないという方は、 「靴下を履こうとしてぎっくり腰になるの?」と驚かれる方もいますが、 靴下を履く姿勢も気を付けなければ、ぎっくり腰になりやすい非常に危険な姿勢なんです。     靴下を履くときの危険な姿勢とは、 片足立ちになり、腰だけを曲げて履こうとする姿勢です。 この姿勢は、腰に負担が集中してしまうので、非常に危険です。           では、どのようにしたらいいのでしょうか?   椅子に腰かけた状態で、なるべく腰は曲げないようにして、 股関節と膝を曲げていって、足を手元に近づけて靴下を履く。   この姿勢は、立って腰を曲げて靴下を履く姿勢よりも 腰の負担が減りますので、ぎっくり腰になりにくくなります。             ギックリ腰は朝のうちの、関節や筋肉が固い状態の時に起こりやすいです。 また、季節の変わり目のこの時期も冷えが入り、身体が固まっていることがあり、ギックリ腰になりやすいです。   少しでも腰に張りや重さを感じている時は、靴下を履く動作にも気を付けてくださいね。     ・ギックリ腰になったら   ・ギックリ腰の原因   ・ギックリ腰はクセになる?   ・ギックリ腰や腰痛に効果的なツボ「中封」   ・ギックリ腰に効果的なツボ「腰腿点」…

IMG_2727[1]
2017年03月22日

キッズスペースに折り紙追加しました!

こんにちは。受付の和知です。     ここ最近は暖かい日が少し続いたと思ったら 冬のような寒い日があったりと寒暖差が激しいですが 体調は崩されていないでしょうか。     早く春らしい日が続くようになるといいですね     話は変わりまして   キッズスペースに折り紙を追加しました。         折り紙の折りかたの本もご用意しております! 動物や昆虫など様々な折りかたが載っていますので 退屈することなく過ごして頂けます     他にもDVDやスケッチブック、音の出る絵本など多数ご用意しております!!     お子様を預けることが出来ないので施術を受けるのは難しい・・・と 諦めていた方も安心してご来院して頂けます。     今だけのお得な産後骨盤矯正キャンペーンも実施中です!!     ぜひぜひお子様とご一緒にご来院ください       みちた整骨院 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00) 休診日 日曜日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1QLRoni

6mPH47otD58Mumw1489733815_1489733993
2017年03月17日

外反母趾の治療の症例

みちた整骨院で外反母趾の治療をしている方についてです。   長年、外反母趾の痛みに悩まされ、 医者に行っても手術しかないと言われ、 諦めていたところに当院を見つけて来院されました。     まずは、初めて来院した時の足の写真です。     右足 第1趾側角度 45.6度 左足 第1趾側角度 26.8度   症状:右足の第1趾が第2趾の上に乗っているところが当たって痛い。 マメやタコ、魚の目が出来て痛い。     1週間に1度の施術。6回目の来院時の写真です。     本人曰く、「親指が乗って痛かったのが、少しずつ乗らなくなったおかげで、当たって痛かったのが楽になった。」   5回の治療で第1趾が第2趾に乗り上げていたのが、改善されました。 右の第2趾にあるタコが第1趾が乗って当たっていたところです。       外反母趾治療は、   1.みちた整骨院での施術(外反母趾に特化した手技+テーピング)   2.ホームケア(ご自宅で出来るセルフケアを指導します)   3.オーダーインソール(3D足型測定器にて計測したデータを元に制作を依頼します)   の3本柱で外反母趾にお悩みの方の症状改善に取り組んでおります。     外反母趾の痛みでお困りの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。     外反母趾・内反小趾でお困り、お悩みの方は、 相模原市で唯一の距骨調整®が受けられる 「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい! 相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト http://www.ekiten.jp/shop_7138053/ 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00) ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております! 休診日 日曜日…