ブログ

shakkotusinkeimahi
2016年12月28日

手が痺れて、ペンが持ちにくい|尺骨神経麻痺

「手が痺れて、ペンが持ちにくい」と訴える患者様が来院されました。   寝て朝起きたら、 右肘から小指と薬指までが痺れる。 ペンなどを持ったり、握ったりする時に力が入りにくい。 というのが主な訴えでした。   手のしびれの症状は、 ・脳やせき髄などの中枢神経の病気 ・頸椎や椎間板による圧迫 ・末梢神経の圧迫 ・血流、血行不良 などなど様々な原因が考えられます。   この患者様の場合は、症状と検査法により、 末梢神経の圧迫である肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)による 尺骨神経麻痺(しゃっこつしんけいまひ)と判断しました。   それでは、 尺骨神経麻痺の検査法の一つであるフローメント徴候を説明します。   1枚の紙を親指と人差し指ではさみ、両手で引っ張ります。     右手は親指の第1関節が曲がっています。     左手は親指の第1関節は曲がっていません。     写真で違いがお判りでしょうか?   尺骨神経マヒになると親指の内転動作が障害されます。 そのため、親指の第1関節を曲げて紙を抑えようとする代償動作です。   尺骨神経麻痺になると、親指の内転動作と親指以外の四指の内転・外転動作に障害がみられます。 内転とは中指に近づける動き、外転とは中指から遠ざかる動きの事です。     ・内転動作障害 右手の指が上手く閉じられません。     ・外転動作障害 右手の指が上手く開けていません。     このように、尺骨神経麻痺になると、手のしびれだけでなく、 指の細かい動作が出来なくなってしまうのです。   この患者様は痺れた原因もはっきりしているため、手術ではなく保存療法で治療を続けていきます。   ただ、手のしびれには、上に書いたように様々な原因があります。   そのうち治るだろうと思わずに、…

sagamihara michitaseikotsuin
2016年12月27日

大掃除でお身体を痛めていませんか?

こんにちは。受付の和知です。   もう、今年も残すところあと4日です   これから大掃除をされる方もいらっしゃるでしょう。 普段は掃除しないところを掃除するのは重労働ですよね   長時間、普段やらない動作や姿勢をすると身体に負担がかかります! 大掃除で腰や膝を痛めてしまった…なんて方も非常に多いです。   これから大掃除をする方は こまめに休憩を入れながら大掃除をしてください   そして大掃除中の思わぬ怪我も非常に多いです。 中でも転倒や墜落して怪我を負うケースが大半を占めるようです。   打ち所が悪ければ大怪我にもつながります。 高いところ、滑りやすいところで掃除する場合は 足元を安定させたり、何かにつかまったりして作業してください!   自分の限界を超えるような作業は控えてくださいね     今年は12月29日(木)まで診療しています。 年明けは1月4日(水)から診療いたしますので 万が一、大掃除で身体を痛めてしまいましたら 当院にご相談ください。     みちた整骨院 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00) 休診日 日曜日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1QLRoni

gaiahnbosi te-pingu
2016年12月26日

外反母趾の治療|テーピング

外反母趾の治療法のテーピング治療についてです。   外反母趾の治療を行う上で、テーピング治療は欠かせない治療法の1つです。   テーピングを行う主な目的は「足の形やバランスを整える」ことです。 また、外反母趾に多い指上げ足(浮き指)や開帳足、偏平足などにも効果があります。   テープを貼り、足の形やバランスを整えることで、 失われてしまった足の安定性、運動性、免震性といった機能を回復させ、 歩くときに踏ん張りが利くようになるのです。   外反母趾になる大きな原因として、歩き方が関係していると以前ブログに書きましたが、 その歩き方を改善するのに、テーピングは非常に役立ちます。     テーピングをする前とテーピングをした後の写真です。         親指と人差し指を見ていただけるとわかりやすいと思います。   テーピング前は親指が人差し指に乗り、人差し指は親指に押されるように外側を向いています。 テーピング後は、親指は人差し指に乗らず、人差し指も真っ直ぐ向いています。     みちた整骨院では、このテーピング療法と合わせて、 外反母趾オリジナル手技を施術しております。   家で出来る簡単なトレーニングや歩き方の指導もしております。   3D足型測定器を用いて、足の形にあわせたオリジナルのインソールを注文・販売いたしております。 外反母趾でお悩みの方は、ぜひ一度みちた整骨院までご相談ください。     みちた整骨院 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00) 休診日 日曜日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1QLRoni

yubiageasi
2016年12月21日

外反母趾の原因|指上げ足(浮き指)

外反母趾でお悩みの方は非常に多いですよね?   そもそも外反母趾って、どうしてなるんでしょうね?   ハイヒールなどの先が細いクツで圧迫されることが一番の原因 だと思われている方がほとんどではないでしょうか?   確かに圧迫されて外反母趾になる場合もあります。   しかし実際は、男性や子供などハイヒールを履かないも人も外反母趾になりますので、 ハイヒールによる圧迫が外反母趾の原因だとすると説明が付きません。     私は、外反母趾になる原因の多くは歩き方にあると考えております。   歩き方が悪いと、指上げ足や開帳足になります。 外反母趾の足を診ると、ほとんどが指上げ足か開帳足になっています。   そのため、外反母趾になる原因に歩き方が非常に関与していると考えられます。   それでは今回は指上げ足についてですが、 指上げ足ってそもそも聞いたことありますか?     指上げ足とは?   指上げ足は、浮き指とも呼ばれております。     指上げ足(浮き指)とは、その名前の通りで、 上の写真でもわかると思いますが、 足の指が上にあがった状態の足の事を言います。     どうして指上げ足になるの?   1.足のうらの刺激不足   クツや靴下を履く生活になり、道路も舗装されたため、 足のうらが直接刺激される機会が激減しました。 足のうらが刺激されると足底筋群(足のうらの筋肉)が鍛えられて踏ん張る力がついていました。 刺激されることが少なくなると、踏ん張る力が弱くなり、指が上に挙がってしまいます。     2.履物   サイズの合わない大きめの靴やサンダル、パンプスなどを履いていると、 足の指で履物を固定するために指を挙げてしまうのです。 こういった履物を履いていると、指を挙げて歩くことを身につけてしまうのです。   外反母趾の方に多い歩き方 外反母趾の方は、足の指に体重をかけないでペタペタという感じで歩く人が多いです。   外反母趾の方のほとんどが指上げ足になっておりますので、 足の指を上手に使えません。…

sagamihara michitaseikotsuin
2016年12月12日

脱臼はクセになるんですね

「脱臼ってクセになるんですね。」   つい先日、当院に顎関節脱臼(アゴガ外れる)と肩関節脱臼(肩が外れる)の患者さんが続けざまに来院されました。 その二人が、二人とも言った言葉です   そうなんです。 脱臼はクセになりやすいんです 一度、脱臼してしまうと、脱臼の道が出来てしまうのです。   実際、今回のお二人も初めての脱臼ではありませんでした。   ちなみに、 クセになってしまった脱臼の事を反復性脱臼(はんぷくせいだっきゅう)と言います。     顎関節と肩関節は特に反復性脱臼になりやすい関節です。 他に反復性脱臼になりやすい関節には膝蓋骨(膝のお皿)があります。   反復性脱臼になる要因としましては、 初回脱臼時の治療を途中で中止したり、固定期間の不足。 脱臼を阻止するための骨突起の骨折や筋・腱付着部の剥離骨折などが考えられます。     脱臼をした際は、 反復性脱臼にならないように最後まで治療を続けてくださいね       みちた整骨院 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00) 休診日 日曜日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1QLRoni