ブログ

相模原 みちた整骨院
2016年06月21日

足がつる(こむら返り)

おはようございます。大場です   梅雨らしい雨の天気が続いていますね   最近、患者さまから 「夜中に足がつるんですが、どうして足がつるんですか?」 「足がつった場合はどうすればいいのですか?」 といった質問が非常に多いです。   寒い時期に多いと言われる、「足がつる」という症状ですが、 梅雨時も気候が変わりやすいため、足がつることが多い季節なんです     どうして足がつるの? 足がつる原因ですが、以下の事が考えられます。   ・筋肉疲労や運動不足 ・冷え ・水分不足 ・ミネラル不足 ・病気(糖尿病、脊柱管狭窄症、脳梗塞など)   などが挙げられます。   「のどが渇きやすい」「長時間歩けない」「ろれつが回らない」などの 足がつる以外の症状が出ている場合は、病気による可能性がありますので、 専門の医療機関に受診してください。     足がつった時の対処法 「足がつる」というのは、筋肉が痙攣(けいれん)した状態です。   それを治すには、その痙攣した筋肉をストレッチしてあげると、治ります。   ただ、自分ではうまくストレッチする事が難しい事もあります。 その場合は、「立って体重をかける」事で、 筋肉に刺激が入り、つっているのが治まります。   一度つってしまった筋肉は、その後も筋肉が緊張している事が多いため、 しばらくは、またつりやすい筋肉の状態になっています。   つってしまったのが治ったあとは、よく温めてあげたり、ストレッチしてあげたり、 水分・ミネラル分を補給してあげる事で、再発予防になります。     それでも、足がつる事が改善されない方は一度ご相談してください。     みちた整骨院 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30…

$logo_alt
2016年06月17日

むちうち症(交通事故)

  むちうち症とは? むちうち症とは、自動車事故での追突や急ブレーキなどにより、首がムチの様にしなって起こる症状の総称の事です。   正式な診断名としては「頸部捻挫」「頸椎捻挫」「外傷性頸部症候群」です。 1.頸椎捻挫型 首を支えている筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で、むちうち症の大半を占めます。   症状は、 首や肩の痛み、動きの制限、頭重感、手のしびれ、知覚異常、肩こりなどです。 2.バレ・リュー型(頸部交感神経症候群) 頸部の交感神経や脳に血液を送る椎骨動脈を痛めたことによって起こります。   頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、疲労感、視力障害などの症状が現れると考えられています。     3.神経根症状型 頸椎から腕にかけての神経が根元で圧迫されることで症状が出ます。   腕や手の痛みやしびれ、知覚異常、握力低下などの症状で、 首を後ろに反らしたり、咳やくしゃみによって症状が強まります。     4.脊髄型 頸椎の骨折や脱臼によって、脊髄を損傷する非常に危険な状態です。   手足のしびれ、知覚異常、歩行障害、尿や便が出にくくなるなどの症状が現れます。     大きくは上の4つに分類されることが多いですが、 近年では「脳脊髄液減少症」もむちうち症との関連つけられております。     みちた整骨院では、交通事故によるケガの治療を専門的にしております。 むちうち症でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。           交通事故によるおケガ、追突事故によるむち打ちの治療や自動車保険でのお悩みなど、 交通事故に関わるご相談も随時受付しております!   ご自身やご家族、周りの方など、交通事故でお困り、お悩みの方は、 神奈川県相模原市の整骨院でNo.1を目指している!   相模原市中央区の「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい!   相模原市中央区の「みちた整骨院」の交通事故専門ホームページ http://www.michita-seikotsuin.net/   相模原市中央区の「みちた整骨院」の交通事故治療ページ    http://michita-seikotsuin.com/accident/   相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト       http://www.ekiten.jp/shop_7138053/    …

2016年06月16日

足の裏の痛み(足底腱膜炎・足底筋膜炎)

足の裏や土踏まず、踵の痛みで困ったことはありませんか?   足の裏の痛みで一番多いのが、「足底腱膜炎・足底筋膜炎」です。 足底腱膜・足底筋膜とは?   足の裏の踵(かかと)の骨から足の指の付け根までを、 膜のように張っているのが足底筋膜(そくていきんまく)です   足の骨はアーチ(弓)状になっているのですが、 足底筋膜はそのアーチを弓の弦のようにピーンと張って支えています。   足底筋膜の中でも中央部の特に厚くなっているところが足底腱膜(そくていけんまく)です 足底腱膜炎・足底筋膜炎の症状   ・朝起きての1歩目の痛みが強い ・歩いていると、段々痛みが強くなる ・土踏まずを押すと痛い ・ランニングすると痛くて走れない   など痛みは様々です。 足底腱膜炎・足底筋膜炎の原因   ・体重の増加 ・歩きすぎ、立ちっぱなしなどの使いすぎ ・足裏の筋肉の緊張や老化によるアーチの低下 ・偏平足・指上げ足・開帳足 ・足に合っていない靴を履いている ・悪い歩き方やランニングフォーム   などなど。 足底腱膜炎・足底筋膜炎の治療   まずは足を休ませてあげる事です 必要以上に歩いたりしないようにして下さい。   足の裏の筋肉が固いことで炎症が起きますが、 その場合はふくらはぎの筋肉も緊張して張った状態です。 そのため、ふくらはぎの筋肉のストレッチや足首の体操は効果的です。   よく歩く方やランニングしている方は、靴を変えたりインソールを入れるのも一つの方法です。     それでもよくならない方は、みちた整骨院までお気軽にご相談ください。     ・足底腱膜炎のストレッチ|ふくらはぎ編   ・足底筋膜炎と指上げ足     みちた整骨院 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療…

相模原 みちた整骨院
2016年06月15日

開院して3ヶ月が経ちました。

おはようございます。大場です。   早いもので、みちた整骨院を開院し、3ヶ月が経ちました。   地域の皆様、患者様、スタッフのみんな、そして家族に支えられていることを 日々実感する毎日です。   これからも相模原を中心に地域の皆様に愛され、「笑顔に満ちた整骨院」を目指して、日々積み重ねてまいります。     みちた整骨院 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30 (土曜、祝日は13:00迄) 休診日 日曜日 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1QLRoni

2016年06月14日

腱鞘炎

おはようございます。大場です   腱鞘炎という言葉を耳にしたことがある人は多いと思います。 でも、腱鞘炎って何ですか?と聞かれて、 きちんと答えられますか?     そもそも腱って何? まず、腱鞘炎の説明の前に腱の説明をします。   そもそも腱とは、筋肉(骨格筋)の両端にあり、 「筋肉を骨に結びつけている組織」です。   筋肉は骨に付いて、身体(関節)を動かしたり、支えたりするのですが、 筋肉のまま骨に付くのではなく、腱という組織に変わって骨に付くのです。     それでは、腱鞘って何? 腱鞘とは腱の鞘(さや)の名前の通り、腱が収まるところ、 つまり「腱が通るトンネル」です。   手首や足首などの関節に多くあります。     なんで腱鞘炎がおきるの? 腱鞘炎の原因としては「使いすぎ」によるものが多いです。   筋肉を使いすぎると、筋肉や腱が緊張して張った状態になります。 その状態で使っていると、腱と腱鞘が擦れあい、炎症症状が起きて痛みだします。   最近では、パソコンやスマートフォンなど手先を使う作業が増えている事も 腱鞘炎が増えている要因の一つです。   腱鞘炎はホルモンバランスの変化でも起きることがあります。 出産後や更年期の女性も腱鞘炎になる方が多いのも特徴です。     腱鞘炎の治療法は? 腱鞘炎は症状によって治療法が様々です。   腱・腱鞘が熱を持って炎症症状がある場合は、冷やしたり使わないように固定することが必要となります。 腱・腱鞘に炎症症状がない場合は、温めたりマッサージをしたり、ストレッチをすることで症状が改善していきます。     腱鞘炎でお悩みの方、みちた整骨院にお気軽にご相談ください。 適切な処置やストレッチなどのアドバイスいたします。                 みちた整骨院…