症例

2018年04月10日

腰椎椎間板ヘルニア|相模原みちた整骨院

本日はみちた整骨院の腰椎椎間板ヘルニア治療について説明していきます。   日本では腰椎椎間板ヘルニアになる方が人口の1% 手術する方が10万人あたり年間46.3人とデータが出ております。   そもそも腰椎椎間板ヘルニアがどのような状態かご存知ですか?   背骨のクッションといわれる椎間板が日頃の蓄積が原因で外に飛び出てしまい その飛び出した椎間板が神経根や馬尾神経を圧迫してしまい神経症状を引き起こす状態です。     これらにより、 ・腰が痛い ・脚が上がらない ・お尻から指先まで痺れる ・長時間座れない ・長い時間歩けない ・夜寝むれない ・寝返りが出来ない   などと訴える方達が多いです。   上記の症状に当てはまる方は早期の治療をオススメします。     腰椎椎間板ヘルニアになりやすい人の特徴   腰椎椎間板ヘルニアは同一家系内に同じ家族がなることも多いです。   なぜならば生まれつき骨格は似てるからです。   また20代から50代は椎間板がつぶされ髄核も扁平化してしまい、男性に多く 重いものを持ったり、中腰での作業、長時間の運転などで椎間板に負担をかけ 腰椎椎間板ヘルニアになってしまいます。   腰椎椎間板ヘルニアの症状は放っておいても良くなることはありません。 あまりに酷いと手術することもあります。   手術をするくらい悪化する前に治療することが重要です。     みちた整骨院の腰椎椎間板ヘルニア治療は痛みを取り除くのと併せて、 再発しにくい身体作りもやっていきます。     治療法はハイボルテージ療法(HIV)と手技療法を組み合わせて、 お体の深部までアプローチする深部治療を取り入れてます。   普通のマッサージだと表面しかほぐれませんが、 相模原みちた整骨院の深部治療でお身体の深部から変化を体感できます。   一度この機会にみちた整骨院の腰椎椎間板ヘルニア深部治療を受けてみませんか     初回来院時は予約を取ることが出来ますので基本お待たせする事はありません。…

QhIMDglIZi_h9XI1521185569_1521185674
2018年03月16日

距骨調整を相模原で受けられるのはみちた整骨院だけ!

「距骨調整®」(きょこつちょうせい)という治療方法はご存じですか?     先月、ムック本『距骨を整えれば不調が治る!』が出版されました。   重版出来が決まり、「距骨」ってなんだ?と話題になっています。   その話題の「距骨」を調整する治療法が「距骨調整®」です。   距骨調整については  こちら             距骨とは   距骨とは、足首の関節の土台になる骨です。 つまり、全身を支える土台であるのが「距骨」です。   外反母趾をはじめ、お身体の歪みや不調、痛みがある方の「距骨」を診ると ほとんどの方が「距骨」が歪んでいます。   お身体の土台である「距骨」の歪みを整えることが、お身体の不調や痛みをとるのにとても重要です!   例えば、マッサージをうけたり、骨盤矯正をしてもらっても、一時的には良いけど症状が根本的に改善されない経験はありませんか? それは、「距骨」が歪んでいることが矯正されていない為です。   お身体の土台である「距骨」が歪んでいると、どれだけ骨盤や骨格を調整して整えても、 立った瞬間にまた骨盤や骨格は歪んでしまいます。   土台である「距骨」が整う事で、その上にある骨盤や背骨・骨格が整うのです。       「距骨」を整える「距骨調整®」を相模原でうけられるのは、みちた整骨院だけです!   お身体の不調にお悩みの方は、ぜひ一度みちた整骨院の「距骨調整®」を受けてみてください!       日常生活におけるおケガ、交通事故によるむち打ち治療、 外反母趾での痛み、産後の骨盤矯正など、 お身体のことででお困り、お悩みの方は、 神奈川県相模原市の整骨院でNo.1を目指している! 相模原市中央区の「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい! 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00)…

相模原 整骨院 交通事故 (2)
2018年03月08日

相模原のみちた整骨院 四十肩、五十肩の治療やっています!!

3月に入りましたね   来月はもう新学期突入です 新学期に向けて色々忙しくなりそうですね・・       突然ですが・・あれ?肩が上がりにくくなっている、全然上がらない こんな経験はありませんか?   その症状は四十肩、五十肩かもしれません。 知り合いにほっとけば治ると言われ放置している方やどうしたら治るのか分からない方は まず、相模原のみちた整骨院にご来院下さい!!   ところで、痛みには3種類の分類があるのはご存知ですか     神経障害性疼痛  神経が障害されたり神経付近に炎症が起きた時にでます。 侵害受容性疼痛  身体に刺激や炎症が生じた時に神経が感知して感じる痛み。 心因性疼痛    主にストレスにより、脳にトラブルが生じてでる痛み。     今回取り上げてる・四十肩・五十肩これらはの侵害受容性疼痛にあてはまります。   痛くて肩を上げたくないとご自身で制限をかけてしまいます。   人間はわざわざ痛いところを動かさない、触らないと制限をかけてしまいます。   まずはその制限をとることが大切です。     ・徒手療法・ハイボルテージ療法・PNF療法を組み合わせた施術で上がらない肩を 上げるようにしていきます。       ・洗濯を干せない・駐車券が車から取れない ・痛みはないけど肩が上がらない・着衣動作が辛い このような症状を早く改善させていきましょう       初診の方は予約を受け付けてますので、 相模原のみちた整骨院までご連絡お待ちしております       日常生活におけるおケガ、交通事故によるむち打ち治療、 外反母趾での痛み、産後の骨盤矯正など、 お身体のことででお困り、お悩みの方は、 神奈川県相模原市の整骨院でNo.1を目指している! 相模原市中央区の「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい! 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557…

施術者 交通事故 整骨院
2017年12月26日

低温火傷に注意を!!

今年も残り今日、含め6日となりました!     突然ですが最近、カイロや湯たんぽで火傷する方が増えているとニュースになっていました。 実際、みちた整骨院に来てる患者さんもカイロや湯たんぽで火傷してしまった事がある 方がいらっしゃいました。 カイロや湯たんぽが原因の火傷はほとんどが低温火傷です。 一見、低温火傷だから軽いかなと思う方がいますが 一般的な火傷より症状が重いです!   ・一般的な火傷は皮膚の表面に一瞬の熱が触れてしまい火傷してしまいます。   ・低温火傷の場合は長い時間をかけて皮膚の奥深くじっくりと進行していき、深部が壊死してしまい その後に皮膚が壊死します。       低温火傷になりやすい方。 ・皮膚の薄い高齢者 ・循環が悪い方 ・乳児 ・泥酔している方     もし火傷をしてしまった場合、すぐに皮膚科や外科で診てもらって下さい。 自分で処置してしまうと、火傷した場所から感染症の恐れがありますので 早めに医療機関に見せましょう!!     火傷には気をつけて、よいお正月を迎えてください       日常生活におけるおケガ、交通事故によるむち打ち治療、 外反母趾での痛み、産後の骨盤矯正など、 お身体のことででお困り、お悩みの方は、 神奈川県相模原市の整骨院でNo.1を目指している! 相模原市中央区の「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい! 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00) ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております! 休診日 日曜日 相模原市中央区の「みちた整骨院」のホームページ       http://michita-seikotsuin.com/ 相模原市中央区の「みちた整骨院」の交通事故専門ホームページ http://www.michita-seikotsuin.net/ 相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト       http://www.ekiten.jp/shop_7138053/ 相模原市中央区の「みちた整骨院」のFacebook         http://bit.ly/1QLRoni

sports_trail_running
2017年12月12日

マラソンで膝を痛めた方!!

12月も残り3週間になりました。   12月はマラソンの季節ですね! 大会に向けて練習されてるランナーの方を通勤中によく見かけます 正月には箱根駅伝もやりますね   みちた整骨院にもマラソンをされてる患者様が来院されていますが、 実はマラソンは膝の怪我が多いです!!   膝の怪我には膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)・腸脛靱帯炎(ランナー膝) ・鵞足炎・タナ障害・膝関節の痛み・膝周りの筋肉の痛みで来院される患者さんが多いです。     問診で色々とお話を聞いていると 中には学生の時ぶりに走られるって方もいらっしゃいます どうしても学生の時とは筋力の差が大きいです。   走ってみると、意外に走れるなと思ってしまい毎日走ったり距離を増やして しまい膝に痛みが出てきたという患者様が多いです。       どうすれば膝の怪我をしないのか?   まず休養を取る事が大切です。 膝は普段立っている時に体重の3倍の負荷が膝にかかります。 階段昇降時には6.7倍かかると言われてます。   ましてや、学生時代より体重が軽い方は少ないですし そこで走るとなると相当の負荷がかかってしまいます。   続いては膝のケアも大切です。 当院には超音波、HIV(ハイボルテージ)など膝の怪我に 効果が高い治療機械があります。     膝の怪我でお困りの方はぜひ、みちた整骨院にご来院下さい!   また、みちた整骨院にはマラソン経験者の先生もいますので沢山の アドバイスをさせていただきます   次週のブログは膝周りのストレッチ、軽い筋トレを ご紹介させていただきます。   日常生活におけるおケガ、交通事故によるむち打ち治療、 外反母趾での痛み、産後の骨盤矯正など、 お身体のことででお困り、お悩みの方は、 神奈川県相模原市の整骨院でNo.1を目指している! 相模原市中央区の「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい! 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00…