外反母趾

gaiahnbosi te-pingu
2016年12月26日

外反母趾の治療|テーピング

外反母趾の治療法のテーピング治療についてです。   外反母趾の治療を行う上で、テーピング治療は欠かせない治療法の1つです。   テーピングを行う主な目的は「足の形やバランスを整える」ことです。 また、外反母趾に多い指上げ足(浮き指)や開帳足、偏平足などにも効果があります。   テープを貼り、足の形やバランスを整えることで、 失われてしまった足の安定性、運動性、免震性といった機能を回復させ、 歩くときに踏ん張りが利くようになるのです。   外反母趾になる大きな原因として、歩き方が関係していると以前ブログに書きましたが、 その歩き方を改善するのに、テーピングは非常に役立ちます。     テーピングをする前とテーピングをした後の写真です。         親指と人差し指を見ていただけるとわかりやすいと思います。   テーピング前は親指が人差し指に乗り、人差し指は親指に押されるように外側を向いています。 テーピング後は、親指は人差し指に乗らず、人差し指も真っ直ぐ向いています。     みちた整骨院では、このテーピング療法と合わせて、 外反母趾オリジナル手技を施術しております。   家で出来る簡単なトレーニングや歩き方の指導もしております。   3D足型測定器を用いて、足の形にあわせたオリジナルのインソールを注文・販売いたしております。 外反母趾でお悩みの方は、ぜひ一度みちた整骨院までご相談ください。     外反母趾・内反小趾でお困り、お悩みの方は、 相模原市で唯一の距骨調整®が受けられる 「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい! 相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト http://www.ekiten.jp/shop_7138053/ 住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療 9:00~13:00 午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00) ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております! 休診日 日曜日 提携駐車場も「みちた整骨院」近くのコインパーキング4か所と提携中! 当院Facebookはこちら http://bit.ly/1QLRoni  

yubiageasi
2016年12月21日

外反母趾の原因|指上げ足(浮き指)

外反母趾でお悩みの方は非常に多いですよね?   そもそも外反母趾って、どうしてなるんでしょうね?   ハイヒールなどの先が細いクツで圧迫されることが一番の原因 だと思われている方がほとんどではないでしょうか?   確かに圧迫されて外反母趾になる場合もあります。   しかし実際は、男性や子供などハイヒールを履かないも人も外反母趾になりますので、 ハイヒールによる圧迫が外反母趾の原因だとすると説明が付きません。     私は、外反母趾になる原因の多くは歩き方にあると考えております。   歩き方が悪いと、指上げ足や開帳足になります。 外反母趾の足を診ると、ほとんどが指上げ足か開帳足になっています。   そのため、外反母趾になる原因に歩き方が非常に関与していると考えられます。   それでは今回は指上げ足についてですが、 指上げ足ってそもそも聞いたことありますか?     指上げ足とは?   指上げ足は、浮き指とも呼ばれております。     指上げ足(浮き指)とは、その名前の通りで、 上の写真でもわかると思いますが、 足の指が上にあがった状態の足の事を言います。     どうして指上げ足になるの?   1.足のうらの刺激不足   クツや靴下を履く生活になり、道路も舗装されたため、 足のうらが直接刺激される機会が激減しました。 足のうらが刺激されると足底筋群(足のうらの筋肉)が鍛えられて踏ん張る力がついていました。 刺激されることが少なくなると、踏ん張る力が弱くなり、指が上に挙がってしまいます。     2.履物   サイズの合わない大きめの靴やサンダル、パンプスなどを履いていると、 足の指で履物を固定するために指を挙げてしまうのです。 こういった履物を履いていると、指を挙げて歩くことを身につけてしまうのです。   外反母趾の方に多い歩き方 外反母趾の方は、足の指に体重をかけないでペタペタという感じで歩く人が多いです。   外反母趾の方のほとんどが指上げ足になっておりますので、 足の指を上手に使えません。…

gaihannbosi
2016年12月10日

外反母趾

外反母趾でお困りの方って、すごく多いですよね。   痛くて困っているのに、 外反母趾は痛いものだからと諦めて治療をしていない方が すごく多いような気がします。     そもそも外反母趾って何? 外反母趾の 外反とは、外側に反る事で、母趾とは足の親指の事です。 つまり、外反母趾とは親指が外側(人差し指側)に曲がった状態の事を言います。       外反母趾は外反母趾角が15度以上になると外反母趾と診断されます。   外反母趾角はレントゲンを撮らないと正確な角度は測れませんので、 下の写真にある第1趾測角度を使うことが多いです。   1.踵の内側から親指の付け根を結ぶ直線 2.親指の付け根から親指の内側を結ぶ線 3.第1趾測角度         外反母趾の原因 外反母趾になる原因は、指上げ足の状態になってしまう事が初めに考えられます。   指上げ足とは浮き指とも言ったりしますが、 指が上がってしまい、地面に接地していない・踏ん張っていない状態の足の事です。   指上げ足に加え、偏平足(縦アーチの低下)や開帳足(横アーチの低下)がみられると、 外反母趾になっていってしまいます。     外反母趾の治療 原因となる指上げ足、開帳足、偏平足など外反母趾の症状やタイプによって治療方法は異なります。   原因となっているのが、 筋肉の緊張ならその筋肉を緩め、筋力低下しているのなら筋肉を刺激したり、関節が固まってしまっているのなら動かしたりと様々な手技を行います。   手技と合わせて、変形の度合いに合わせたテーピング療法も行っております。   また、当院では足部を3Dで測定し、足の構造に合わせたオーダーメイドのインソールの販売もいたしております。       みちた整骨院の外反母趾治療は、   1.当院の施術(外反母趾専用施術+テーピング)   2.履き物(室内履き、外履き、インソール)   3.ホームケア(自宅で出来る外反母趾に対するケア)…