交通事故治療

交通事故 警察
2018年03月20日

交通事故治療|警察への連絡

交通事故に遭われたことがある人は分かると思いますが、 交通事故に遭った時というのは、ものすごく慌ててしまいますよね。     交通事故にあった時にまずは、何をするべきなのか?   必ずしないといけない事の一つに、 警察に連絡をすることがあります。   交通事故に遭ったのに、警察へ通報しないと処罰の対象になります。     警察に連絡をして、交通事故の現場検証・実況見分をしないと『交通事故証明書』が発行されません。 交通事故証明書がないと、自賠責保険や任意保険などでの賠償金が適切に支払われない場合があります。     お身体についても 交通事故に遭われた際に、すぐに症状が出ない場合が多くあります。   お身体に症状がないからといって、警察を呼ばずにいると後から症状が出た際に適切な治療が受けられない事もあります。       症状が出ていなくても、 交通事故に遭われた際は、必ず警察を呼んでください。       交通事故に遭っても警察に連絡を怠ると、 ・処罰の対象になる ・適切な治療を受けられなくなる ・適切な賠償金がもらえなくなる 以上のことからも、交通事故に遭われた際は必ず警察に連絡をしてください。     その際に症状がある場合はなるべく早めに治療を始めていくことが大切です。     相模原のみちた整骨院は、交通事故に遭われた際のおケガに対して専門的に治療をしております。 万が一、交通事故に遭われた際は、お気軽にご相談下さい。         交通事故によるおケガ、追突事故によるむち打ちの治療や自動車保険でのお悩みなど、 交通事故に関わるご相談も随時受付しております! ご自身やご家族、周りの方など、交通事故でお困り、お悩みの方は、 神奈川県相模原市の整骨院でNo.1を目指している! 相模原市中央区の「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい!   住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102 電話番号 042-704-8557 受付時間 午前診療…

jiko_jitensya
2018年03月06日

相模原市で自転車損害賠償保険への加入が義務化!

相模原市では、平成30年7月から、 自転車事故に備えた自転車損害賠償保険等への加入が義務化されます。     知っていましたか? ご存知ない方も多いようですね。     相模原市は、自転車に関係した交通事故の件数が県内でも非常に多い地域です。   自転車に関した交通事故の割合は、 神奈川県内では 21.7% に対して、 相模原市では、 30.4% と非常に高い割合となっております。     自転車に関した交通事故というと ・自動車 対 自転車 ・自転車 対 自転車 ・自転車 対 人   など色々な事故が考えられます。     自動車 対 自転車 の場合は、ケガをするのは自転車の方が多いでしょう。 自動車対自転車の交通事故の際は、自動車の損害保険を使います。     それ以外の自転車対自転車、自転車対人の交通事故で ケガをさせた加害者になった場合、被害者の治療費などの損害を賠償する責任があります。     ※過去の自転車での交通事故では、 小学校の男子が運転する自転車が、歩行者と衝突し重篤な障害を与え、約9500万円の賠償責任を保護者に課せられた事例もあります。       自転車損害賠償保険とは?   自転車損害賠償保険とは、 自転車を利用中に発生した交通事故等で、他人にケガをさせてしまった場合に損害賠償金が発生します。 損害賠償金を支払う事で被害者を救済し、加害者の支払い能力を補い、負担を軽減するための金銭的補償ができる保険の事です。       相模原市では、自転車に関する交通事故が多いため、自転車損害賠償保険等に加入が義務付けられました。   交通事故に遭わないのが一番ですが、万が一のためにも自転車に乗る方は自転車損害賠償保険等に加入しましょう。   また、障害保険や自動車の損害保険等にも特約などで保障される場合がありますので、 今一度ご確認をされた方が良いでしょうね。       以前ブログで、…

jiko_tobidashi_smartphone
2018年02月23日

交通事故による年間の負傷者数(平成29年)

平成29年の交通事故における年間の死者数をご存知ですか?     警視庁発表によりますと、平成29年中の交通事故による死者数は、3,694人(前年比-210人、-5.4%)でした。   交通事故による死傷者数が3,694人という数字は、昭和23年以降の統計で最少だったようです。     平成7年までの交通事故による死傷者数は、1万人以上でしたが、その後徐々に減少していき、 平成29年についに、昭和23年よりも少ない死者数になりました。     これからは自動車の技術ももっと進んでいき、交通事故による死傷者数は減少していく事でしょう。     しかし、65歳以上の高齢者の死者数は毎年増加しています。   平成29年の65歳以上の死傷者数は、2,020人(54.7%)でした。 10年前(平成19年)の47.4%と比較して7.3%増加しています。   54.7%という数字は 交通事故における死者数の半分以上が65歳以上ということなんです!       次に、交通事故による負傷者数は58万4,541人でした。   これは1日平均すると約1,601人が負傷している計算になります。   1日に約1,600人が交通事故で負傷されているんですよ!   すごく多い数字だと思いませんか?       交通事故による死傷者数は昭和23年以降で最小になりましたが、 負傷者数、交通事故件数においては、まだまだ高いのが実情です。       交通事故で負傷された場合は、通常の治療以上に継続して治療しないと中々治りにくい症状のお怪我の場合が多いです。   相模原市のみちた整骨院では、交通事故でのお怪我で悩まれている方に対して、 全力で施術して、早期改善・早期回復を目指しております。   交通事故でのお怪我で自賠責保険の適用の方は、平日21時まで受付しておりますので、 お困りの方はお気軽にお問い合わせください。       交通事故によるおケガ、追突事故によるむち打ちの治療や自動車保険でのお悩みなど、 交通事故に関わるご相談も随時受付しております!   ご自身やご家族、周りの方など、交通事故でお困り、お悩みの方は、 神奈川県相模原市の整骨院でNo.1を目指している!…

むち打ち治療 女性
2018年02月14日

交通事故治療|交通事故における治療の来院頻度は?

相模原市(中央区、南区、緑区)で交通事故治療、むち打ち治療をやっております、みちた整骨院です。   「交通事故治療において、来院頻度はどのくらいがいいのでしょうか?」 といった質問を受けることが多いです。       まず、交通事故におけるお怪我の場合、日常的に起こるお怪我とは違う症状が出る場合が非常に多いです。 交通事故による衝撃で首や肩、腰などにダメージを受けて様々な症状が出てきます。   骨折や脱臼などのレントゲンで以上が見つかる症状だとご自身もわかりますし、対処も分かりやすいです。   交通事故のおケガの場合、症状はあるのにレントゲンなどでも異常が発見できない場合があります。 レントゲンで異常がないため、症状があるのに交通事故治療を満足に受けられずに、症状固定で治療が終了になることもあります。   レントゲンで異常を発見できないお怪我というのは、捻挫や挫傷といった筋肉や関節などの軟部組織の損傷や異常による痛みです。 簡単に言うと、筋肉や関節などが固くなっているという事です。この固さを自覚する症状は、筋肉や関節が動かしにくいとうだけの場合もあります。ただ、この動かしにくい事が、痛みやしびれの原因となってしまっている場合もあるのです。     関節や筋肉が動かしにくい事を機能障害と言いますが、関節や筋肉の機能障害を治療することは整骨院の得意分野です。なぜなら、実際に関節や筋肉の動きを診て直接悪い部分に触れて施術するからです。筋肉や関節の機能障害は固い状態で放っておいても治るものではありません。   関節や筋肉に直接アプローチをする必要があるのです。       さて、交通事故治療の来院頻度ですが、 基本的には「なるべく間隔を開けないで来院できる日は続けて来院してください。」とお伝えしております。   特に交通事故での受傷直後の期間は、毎日の施術でも構いません。   初期の期間では、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すことがあります。 特に交通事故によるお怪我の場合は、いい状態が継続しないことが多いです。   良い状態を継続するためにも、こまめな継続来院を勧めています。   症状やお身体の状態が落ち着いてきましたら徐々に来院頻度を減らしていき、治癒となります。       相模原のみちた整骨院では、交通事故によるお怪我で自賠責保険適用の方に限り、 平日夜21時まで受付しております!   お仕事帰りにも来院しやすいです。   何かわからない事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。       交通事故によるおケガ、追突事故によるむち打ちの治療や自動車保険でのお悩みなど、 交通事故に関わるご相談も随時受付しております! ご自身やご家族、周りの方など、交通事故でお困り、お悩みの方は、 神奈川県相模原市の整骨院でNo.1を目指している! 相模原市中央区の「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい! 相模原市中央区の「みちた整骨院」の交通事故専門ホームページ http://www.michita-seikotsuin.net/ 相模原市中央区の「みちた整骨院」の交通事故治療ページ    http://michita-seikotsuin.com/accident/…

雪 運転 チェーン 交通事故
2018年01月24日

雪道でのノーマルタイヤでの走行は法令違反?

一昨日の1/22は関東では4年ぶりの大雪で、東京都内も20センチ以上の積雪だったようですね。   まだまだ道路にも雪が残っており、歩道は解けていない雪が凍結して転倒の危険性も高いです。   雪は、降っている時よりも降った後に路面が凍結する方が お車がスリップしやすいです。   今回の大雪でたくさんの交通事故がありました。   中には、雪道なのに、ノーマルタイヤで走行していた車もあるようです。   じつは、雪道をノーマルタイヤで走行するのは、法令違反になってしまうのですが、 ご存知でしたか?       雪道をノーマルタイヤで走行すると法令違反?     道路交通法71条6号に以下の事が書かれています。 (運転者の遵守事項) 第七十一条  車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。 六  前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項   「公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項」とは、 各都道府県ごとの公安委員会が決めた細則を指しています。   各都道府県ごとに細則は違うのですが、大体は同じような事が書かれています。   ちなみに、相模原みちた整骨院がある神奈川の神奈川県道路交通法施行細則には 神奈川県道路交通法施行細則 第11条第1号 3輪以上の自動車が積雪の場所を通行するときは、タイヤに鎖を巻き、又は特殊タイヤを用いる等して、滑るおそれのないようにすること。   とあります。 おそらく鎖とはチェーンで特殊タイヤはスタッドレスタイヤの事だと考えられます。   違反した場合は、5000円~7000円の反則金が適用されます。       雪道の場合は、運転しないのが一番です!   どうしても運転しないといけない場合は、 チェーンを巻くか、スタッドレスタイヤを履いて安全運転で交通事故に気を付けてくださいね。       交通事故によるおケガ、追突事故によるむち打ちの治療や自動車保険でのお悩みなど、 交通事故に関わるご相談も随時受付しております!   ご自身やご家族、周りの方など、交通事故でお困り、お悩みの方は、 神奈川県相模原市の整骨院でNo.1を目指している! 相模原市中央区の「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい!…