突き指|たかが突き指、されど突き指

突き指をした経験はありますか?

 

一度くらい突き指をした経験がある方は、多いんじゃないでしょうか?

 

ではその中で、突き指した時に病院や整骨院で治療した方はどうでしょうか?

 

突き指ぐらいならと、医療機関には行かなかったという方は多いんじゃないでしょうか?

 

 

突き指は、なぜか甘く考えたしまう人が多いようですが、

ほんとはそんなに軽いけがでない場合もよくあるんですよ。

 

 

 

突き指とは


 

突き指とは、スポーツをしている時などに指先に大きな外力が加わった際に靭帯が損傷する傷害の事です。

 

簡単に言うと、「指の捻挫」です

 

主にドッヂボールやバレーボール、バスケットボール、野球などの手でボールを扱う競技に多く発症します。

 

 

 

突き指をした時の処置は?


 

突き指をしたときの初めの処置として、大事なことはRICE処置です。

 

RICE処置の中でも、「」の圧迫は腫れる時期に圧迫するのは色々な危険も伴いますので、

ご自身で行わずに、安静・アイシング・挙上をして、早めに医療機関で治療を受けてください。

 

 

 

本当は怖い突き指


 

突き指は指の捻挫と言いましたが、

靭帯の損傷だけでなく、骨が剥離骨折たり腱が断裂してしまう場合があります。

 

マレットフィンガーと言って、骨折や腱断裂の場合は、靭帯損傷の場合より固定する期間が長くなります。

また、しっかりと固定をしておかないと骨や腱がくっつかない場合もあります。

 

骨や腱がくっつかないと、指が完全に伸ばしきれないなどの機能障害が残ってしまいます。

 

 

突き指をした際は、たかが突き指と甘く考えずに、必ず医療機関を受診してください。

 

 

 

みちた整骨院
住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102
電話番号 042-704-8557
受付時間
午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00)
休診日 日曜日
当院Facebookはこちら
http://bit.ly/1QLRoni