腱鞘炎

おはようございます。大場です

 

腱鞘炎という言葉を耳にしたことがある人は多いと思います。

でも、腱鞘炎って何ですか?と聞かれて、

きちんと答えられますか?

 

 

そもそも腱って何?


まず、腱鞘炎の説明の前にの説明をします。

 

そもそも腱とは、筋肉(骨格筋)の両端にあり、

筋肉を骨に結びつけている組織」です。

 

筋肉は骨に付いて、身体(関節)を動かしたり、支えたりするのですが、

筋肉のまま骨に付くのではなく、腱という組織に変わって骨に付くのです。

 

 

それでは、腱鞘って何?


腱鞘とは腱の鞘(さや)の名前の通り、腱が収まるところ、

つまり「腱が通るトンネル」です。

 

手首や足首などの関節に多くあります。

 

 

なんで腱鞘炎がおきるの?


腱鞘炎の原因としては「使いすぎ」によるものが多いです。

 

筋肉を使いすぎると、筋肉や腱が緊張して張った状態になります。

その状態で使っていると、腱と腱鞘が擦れあい、炎症症状が起きて痛みだします。

 

最近では、パソコンやスマートフォンなど手先を使う作業が増えている事も

腱鞘炎が増えている要因の一つです。

 

腱鞘炎はホルモンバランスの変化でも起きることがあります。

出産後や更年期の女性も腱鞘炎になる方が多いのも特徴です。

 

 

腱鞘炎の治療法は?


腱鞘炎は症状によって治療法が様々です。

 

腱・腱鞘が熱を持って炎症症状がある場合は、冷やしたり使わないように固定することが必要となります。

腱・腱鞘に炎症症状がない場合は、温めたりマッサージをしたり、ストレッチをすることで症状が改善していきます。

 

 

腱鞘炎でお悩みの方、みちた整骨院にお気軽にご相談ください。

適切な処置やストレッチなどのアドバイスいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

みちた整骨院
住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102
電話番号 042-704-8557
受付時間 午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00〜19:30
(土曜、祝日は13:00迄)
休診日 日曜日
当院Facebookはこちら
http://bit.ly/1QLRoni