肋間神経痛からの帯状疱疹

先日、肋間神経痛をかかえてる患者様が帯状疱疹になりました。

 

一見、肋間神経痛と関係ないかと思いますが・・・
実は肋間神経痛と帯状疱疹は関係しています。

 

片側の肋間神経痛では痛みが先行し発疹が後にできる事があります。

 

高齢になるにつれて発症度も高くなり痛みも強くなります。

 

 

肋間神経痛は胸部から背中にかけて鋭い痛みが走る神経痛で主にストレス、肋骨骨折、筋肉疲労、悪い姿勢でなることが多いです。

 

帯状疱疹は一度なられた方でもウイルスが体内に潜伏しているのでストレス、疲れなどから免疫が低下して発症します。

 

 

皮膚上であれば何処でも発症するので背中などに発症した場合、肋骨の下にある肋間神経の流れに沿って皮膚が炎症を起こし帯状疱疹が発症していきます!

 

帯状疱疹になると、帯状の発疹や赤みが出てきますが早期に治療すれば痛みは治まりますので早めに治療しましょう!

 

 

 

日常生活におけるおケガ、交通事故によるむち打ち治療、
外反母趾での痛み、産後の骨盤矯正など、
お身体のことででお困り、お悩みの方は、

神奈川県相模原市の整骨院でNo.1を目指している!
相模原市中央区の「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい!

相模原市中央区の「みちた整骨院」のホームページ       http://michita-seikotsuin.com/

相模原市中央区の「みちた整骨院」の交通事故専門ホームページ http://www.michita-seikotsuin.net/

相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト       http://www.ekiten.jp/shop_7138053/

住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102
電話番号 042-704-8557
受付時間
午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00)
ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております!

休診日 日曜日
当院Facebookはこちら
http://bit.ly/1QLRoni