産後ママさんの手首が痛いのは「ドケルバン病」「狭窄性腱鞘炎」

・赤ちゃんを抱っこする時、手首が痛い。

・痛くて赤ちゃんを抱っこできない。

・パソコン作業をしていると痛くなって仕事に集中できない。

・スマホをいじっていると手首のあたりが痛む。

 

こんな症状の方は、

手首の腱鞘炎の一つ「ドケルバン病」の疑いがあります。

 

 

ドケルバン病?

 

聞いたことない方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

ドケルバン病とは


 

手首の親指側の腱鞘炎です。

狭窄性腱鞘炎」(きょうさくせいけんしょうえん)とも言われています。

 

一般的には、使いすぎによることが原因でドケルバン病になる事が多いです。

また、妊娠や出産後の方や更年期障害の方にも多いことから、女性ホルモンも関係していると言われています。

 

最近では、スマホをよく使うことでドケルバン病になる方も増えてきました。

 

 

私の経験上では

産後ママさんがドケルバン病になってしまったのを一番たくさん診ますね。

 

 

 

ドケルバン病のテスト法


 

アイヒホッフテスト

 

1.腕を伸ばし、親指側が上になるようにします。

 

2.グーを握る時にこぶしの中に親指を入れます。

 

アイヒホッフテスト①

 

3.手首を小指側に曲げます。

 

アイヒホッフテスト②

 

 

4.手首の親指側に痛みが出ると陽性です。

 

 

 

ちなみに、このアイヒホッフテストは

私が学生時代に習った時はフィンケルシュタインテストと覚えましたが、

実は間違っていたようで、正式には「アイヒホッフテスト」と言うそうです。

 

別に私が間違って覚えたわけではなく、教科書にもフィンケルシュタインテストと書いてあったんですよ

 

 

 

ドケルバン病の治療


 

ドケルバン病は狭窄性の腱鞘炎です。

 

みちた整骨院では、干渉波・ハイボルテージ・超音波などの物理療法と手技療法を重点的に行い、早期の症状改善に取り組んでおります。

 

症状が重度の場合は、包帯で固定したりサポーターで保護したりテーピングを貼ったりする場合もあります。

 

 

 

ドケルバン腱鞘炎は放っておいても良くなるものではありません。

 

アイヒホッフテストは自分で手軽にできるテスト法です。

 

アイヒホッフテストで陽性の場合や手首に少しでも痛みのある時は、

早めに医療機関で治療を受けることが一番の早い治療法になります。

 

 

日常生活におけるおケガ、交通事故によるむち打ち治療、
外反母趾での痛み、産後の骨盤矯正など、
お身体のことででお困り、お悩みの方は、

神奈川県相模原市の整骨院でNo.1を目指している!
相模原市中央区の「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい!

住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102
電話番号 042-704-8557
受付時間
午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00)
ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております!

休診日 日曜日

相模原市中央区の「みちた整骨院」のホームページ      http://michita-seikotsuin.com/

相模原市中央区の「みちた整骨院」の産後骨盤矯正ページ   http://michita-seikotsuin.com/sangokotsubankyousei/

相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト      http://www.ekiten.jp/shop_7138053/

相模原市中央区の「みちた整骨院」のFacebook        http://bit.ly/1QLRoni