腰が伸びない

朝起きてしばらくの間、腰が真っすぐに伸びない

長く座っていたあと立ち上がった時に腰が伸びない

運転して車から降りると腰が伸びない

 

などなど、腰がすぐに伸びないという経験をされた事はありますか?

 

 

同じ姿勢が続いた後に、腰が伸びないということを訴えている場合が多いです。

 

腰がすぐに伸びない原因としては、股関節が固まってしまっているためだと考えらます。

 

 

腰が伸びない時に無理やり伸ばそうとするとぎっくり腰になってしまう場合もあります。

無理に腰を伸ばそうとはせずに、徐々に腰を伸ばすようにしてください。

 

またこの時期は寒暖差で冷えが入りやすいため、身体(筋肉・関節)が普段より固まりやすい時期なのです。

 

 

 

腰が伸びない時の治療


 

先ほども書きましたが、腰が伸びない時は、腰だけが曲がってしまって伸びないと思われることが多いですが、

実際は、股関節が伸びていないことがほとんどです。

 

そのため治療は腰だけでなく、股関節もしっかりと動かせるようにすることが重要なんです。

 

 

 

ご自身のケア方法


 

関節や筋肉が固まってしまって腰が伸びない場合は

朝のうちの方が症状が悪く、午後になると楽になるという症状です。

 

その場合は、なるべく関節や筋肉を柔軟性のある状態に保つのが大事です。

 

そのため、ご自宅ではゆっくり入浴して身体を温めるようにして下さい。

 

また、動かしても痛みのない時には股関節ストレッチが非常に有効です。

ただし、ストレッチをしている時に痛みが出る場合は無理をせずにストレッチは中止してください。

 

 

 

腰が伸びない場合は腰・股関節の奥の筋肉まで固くなっている場合があります。

ストレッチをしても改善しない場合は、奥の筋肉まで固まってしまっています。

その時は、早めに整骨院などでしっかりとした治療を受けてください

 

 

 

みちた整骨院
住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102
電話番号 042-704-8557
受付時間
午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00)
休診日 日曜日
当院Facebookはこちら
http://bit.ly/1QLRoni